今すぐ超絶スーパーブラックでもお金を借りれるソフト闇金アミリーは即日融資でお困りの方を安心サポート!

超絶スーパーブラックでもお金を借りれるソフト闇金アミリー即日融資はサポートいたします!

闇金以外でブラックでも借りられる?

答え:100%無理です。大手消費者金融、中小消費者金融、街金全てアウトです。理由は下記の通りです!

ブラックリストになるとどうなるか?

ブラックリストとは銀行や消費者金融で借金をした場合に大幅に返済が遅れたり、借主の都合で返済が不可能になることで、資金業者にある信用情報に金融事故として登録されることです。具体的に名簿が作成されているわけではなく、何らかの理由で返済できない場合にリストに載る可能性があります。例えば3ヶ月で返済する予定が半年以上返済が伸びている、債務整理をした、あるいは借主が自己破産したということで、返済能力がなく問題ありと認識されたケースです。一度ブラックリストに載ると自分で削除することが不可能で、5年から10年情報が残ります。

もしブラックリストに載ると消費者金融で新たな借り入れをしたり、誰かが借金をする時に保証人になったり、クレジットやETCカードの使用ができなくなります。さらにクレジットが利用できないので、キャッシングだけではなく自動車ローンも住宅ローンも組めなくなります。

ただし現金での一括払いであれば、購入はできます。滞納が長引くと返済期日から1ヶ月間は督促状や電話で催促をされ、1ヶ月から2ヶ月間は自宅へ訪問し取り立ての要求、以降は一括請求の通知が来て銀行口座が凍結し、ブラックリストに載るという流れになります。さらに家財などの財産が差し押さえられ、ひどい場合には返済を無視したと認識され、裁判になる可能性もあります。

しかし仮にブラックリストに登録されてしまっても日本では救済措置があるので、借金の額を減らせる可能性はあります。例えば自己破産したとしても、いくら減額できるのかを知ることで、返済への負担が軽減されます。また法律事務所での無料相談を利用して返済の方法について相談をすることです。法律事務所では個人情報について秘密厳守なので、情報が漏洩する恐れもなく、返済への対策が立てやすくなります。

ブラックリストで借りれるのか?

いわゆるブラックリストに載ってしまうと、金融業者からお金を借りられなくなってしまいます。また、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするためのハードルも高くなり、大きな買い物をする時に不便が生じてしまいます。もし債務整理を行なった場合ですと、最長で10年ほどは信用情報に傷が残る状態となるため、その間はお金との付き合い方に苦労をすることが考えられます。

では、ブラックリストの状態でお金に困ってしまった時にはどうすれば良いのか、対処法はいくつか考えられますが、思い付きやすいのは身内から借りることでしょう。親や兄妹、親戚など、身近なところで手助けをしてくれる者がいれば頼るのもひとつの選択肢です。しかし身内とはいえ、しっかりと返済を行なわないとトラブルに発展したり、貸してくれなくなったりすることも十分にあり得ますし、今後も関係が続くことを踏まえると頼り過ぎてしまうのも考えものかもしれません。

中には身内だからこそ、頼ることができないという人もいるはずです。そういった場合は職場で借りるというケースもあるでしょう。同僚や先輩後輩、あるいは給料の前借りをする方法もひとつで、事情を話せば助けてもらえることもあるはずです。ただ、職場での借金は、よりタイトな返済を心掛けなければいけません。信用を失ってしまうと今後、お金を借りられないどころか、職場にいづらくなったり、従業員や会社に迷惑をかけたとして最悪の場合はクビになったりすることもあります。相応のリスクが生じる借り方でもあるため、職場で借金をする時は影響をよく考える必要がありそうです。

身内や知り合いなどに頼むのは気が引けてしまうという場合は、国の制度を活用することも検討してみましょう。生活に困窮する者を救済する目的で、公的な貸付制度も用意されています。例えば、緊急小口資金制度なら上限内で融資を受けられ、しかも早ければ数日でお金を借りられます。事情次第では柔軟に対応してもらうことも可能で、急ぎで生活費が必要といった場合にも頼りになるはずです。

他にも生活保護で一時的にしのぐ方法もありますし、いくつかの救済制度が用意されていますので、必要に応じて活用してみると良いでしょう。なお、こうした制度を利用するには一定の条件が設けられています。各自治体のホームページでも詳細を確認できるため、まずは住まいを管轄する市役所の窓口で情報をチェックしてみると良いでしょう。

ブラックリストは何年で消えるのか?

クレジットカードのブラックリストは何年で消える?

クレジットカードを利用する場合、ブラックリストに掲載される可能性はありますので注意が必要です。このブラックリストと言うのはどのような状態になるかと言えば、カードでお金を借りたけども返済していない場合などがこれに該当します。クレジットカードならば、本来引き落としの日時にも引き落としができない場合です。

ただ、誰でも1度ぐらいは経験があるかもしれませんが、お金が入っていると考えられていた通帳にお金が入っておらず、引き落としがうまくできないようなこともあるかもしれません。この場合すぐにブラックリストに名前が掲載されるかと言えば、まずそのような事はないです。

通常リストに名前が掲載されるのは、3ヶ月連続でそのような状態が続いた場合です。例えば、お金が12月に引き落とされる予定にもかかわらず引き落としができずそのまま3月まで続いた場合です。この場合はクレジットカード会社から催促の電話が来ますが、それでも支払わない場合や無視している場合には、ブラックリストに名前が掲載され、その後要注意人物になるわけです。

ここに名前が掲載された場合、まずお金を借りることはできません。銀行はおろか、通常の消費者金融からも目をつけられているため、借り入れができないわけです。ではどのようにして解除されるかと言えば、これは時間が経過するのを待つしかありません。債務整理の中でも自己破産以外の場合は5年から7年で解除されます。これに対して自己破産の場合は7年から10年ほどかかると言われており、かなりの時間がかかることを覚悟しておかなければいけません。

ただ、自社ブラックと呼ばれるものに関しては、解除される事は永遠にないと考えて良いでしょう。あくまで、他の会社でブラックになった場合7年ぐらい経過するとリストから名前が消されるだけで、このリストの所有者は情報信用会社になります。ですが自社ブラックの場合にはそもそも情報信用会社以外でも、自社のリストに名前が掲載されており、5年縛りあるいは7年縛りといったものはありません。ほぼ永久的にその人にお金を工面してクレジットカードの利用ができるようにする事はないです。

このように、自社ブラックかどうかによって状況が異なります。つまり情報信用会社に情報が提供された状態が続いているのかそうでないけども自分の会社でブラックになっているのかによって、対応の仕方が異なるわけです。まずは、その違いを十分に認識することが大事になります。

時効7年でブラックリストが消えたとしても問題あり

一番問題なのは事故を起こしてしまった相手のクレジット会社や消費者金融です。これを完済しないと絶対に同じところでは借りる事はできませんし、最悪半永久的にブラックリストから消えることはありません!

仮に7年でブラックが消えても金融事故を起こした会社相手へは半永久的に借りる事はできません。

ブラックリストに載ったら何年でローン組めるのか?

借金の返済でトラブルを起こしてしまった場合はブラックリストに掲載されてしまい、今後はローンを組めなくなってしまう可能性があります。しかし、ブラックリストの影響はずっと残ってしまうわけではありません。ブラックリストというのは、要するに信用情報に傷が付いた状態ですが、その情報は一定期間を経ることで解消され、基本的には5年の経過で解消されると言われています。

したがって、しばらくの我慢をすればショッピングローンやオートローンなどを組めるようになりますので、大きな買い物をしたいといった場合でも不便なく行えるようになるでしょう。

ただ、ブラックリストに掲載された理由次第では、影響が長く続いてしまう可能性があります。中でも注意したいのが、任意整理や自己破産などの債務整理をした場合です。

法的に借金問題を解決するのが債務整理ですが、この手続きを行なった者は大きく信用を損ねやすいです。それゆえに最長で10年はブラックリストに掲載されることになり、各種ローンを組むことはもちろんのこと、クレジットカードを作ったり、自分の名義で賃貸契約を結んだりする時にも影響を受ける可能性が高いでしょう。加えて、10年が経過したからといって必ずしもキレイさっぱりの立場になれるとも限りません。

金融機関の社内データにはそのまま事故情報が残っていることで、時間が経過した場合でもお金を借りることができず、場合によってはその金融機関では一生借りられないこともあります。そして特に厳しいとされているのが銀行系であり、ショッピングローンなどに利用したいと思っても断られてしまう場合もあるでしょう。

ローンをスムーズに組むためにはポイントもあり、基本的には審査が緩い金融機関を狙うことです。特に中小の消費者金融は大手のように厳しく審査をしてしまうとサービス利用者が減ってしまうため、比較的甘めの審査で通してくれることもあります。たとえ過去に信用情報に傷があった立場でも、所定期間が経過していれば不問としてくれる可能性がありますし、ショッピングローンなどを利用したい時には頼ってみるのが良いのではないでしょうか。

なお、実際にローンを組めるかどうかは、最終的には各金融機関の判断によるところでもあります。したがって複数の金融機関に相談の上で利用できるところを見付ける必要がありますし、いくつかをピックアップした上で相談をしてみることが推奨されます。

信用情報とは?

信用情報とは、ローンの支払い履歴やクレジット口座の状況など、個人の信用活動や現在の信用状況についての情報が記載されたものです。ほとんどの人が複数の信用報告書を持っています。信用調査機関または消費者報告機関として知られている信用調査会社は、クレジットカード会社や消費者金融、街金などの債権者から提出された個人の財務データを収集します。
貸し手は、その人にお金を貸すかどうか、どのくらいの金利にするか決定するために、これらの情報を使用しています。

さらに既存の金融口座で貸付の条件を満たすために続けているかどうかを判断するために、あなたの信用報告書を使用します。他の企業は、あなたに保険を提供するかどうかを決定するためにあなたの信用報告書を使用する可能性があります。

たとえば家やアパートを借りたり、携帯電話やインターネットなどのサービスに申し込んだりしたとしましょう。するとサービスの提供主は、契約している信用調査機関と顧客情報をやり取りして、契約が可能かチェックします。もしブラックリストに載せるべき事態になった時は、その情報を信用調査機関に報告します。これは信用調査機関をハブとした、企業間の互助システムということができます。

信用報告書には、個人情報が含まれます。まず氏名と現住所、旧住所です。特に氏名は重要な情報ですが、日本では氏名を変更することが可能ですから、それによってブラックリストから外れる可能性もあります。次に生年月日と電話番号、クレジットカードの番号です。現代社会では携帯電話の番号が重要な個人情報となりつつあります。さまざまなところで提示するため、変更するのが用意でなくなってきているのです。その結果、携帯電話番後は個人識別に重要な情報となっています。他には消費者金融や街金の利用実績も記載されることがあります。具体的には口座の種類や限度額、貸付金額などです。具体的な日付などが設けられることも珍しくありません。

その人がいつにいくら借りて、いつ返したのかがわかってしまうのです。
冗談に使われることもあるのですが、小さな借金を繰り返すと信用が得られます。本来なら情けない行いを繰り返しているのですから、どんどん情けない人だと思われるはずです。しかし信用情報という観点から見れば、期限までに返済を繰り返していれば、信用できる人物だとみなされるのです。借金を繰り返しているのに信用がある、という意味でネタにされます。

金融ブラックに登録されてしまうとソフト闇金以外では審査は100%通りません!

何度も言いますがこれは業界の常識です!まず大手消費者金融や街金と言われる地方の消費者金融どちらも指定信用情報機関CICや日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関などへ必ず照会したうえで慎重に審査しています!よく巷でここだとブラックでも借りれる!とか煽っているサイトが多いですが、それは個人が運営している「アフィリエイトサイト」なんですね。だから数打てば当たると考えているためにあの様に煽っています。しかし現実はシビアです。因みにローカル街金のアフィリエイトの承認率は1%以下ですよ。悪いところですと0.00何パーセントという世界です。つまりブラックの人はほぼ100%借りれないという衝撃の事実なんですね。

ブラックでも消費者金融で借り入れができるのであれば我々は存在していません。

日本信用情報機構のJICCとは?

お金を借りる場合には、消費者金融などに行くと気軽に借りることができます。消費者金融としてもできるだけお金を貸して利息を取りたいため、多くの宣伝をするわけです。そして他の会社に比べてできるだけ金利を低くすることや、最初の1ヵ月は金利なしで借りることができるといったキャンペーンをしているところも少なくありません。ところが、誰でも消費者金融からお金を借りれることができるわけでは無いわけです。実際に借りれないといったケースもありますので、そこは注意をしておかなければならないところかもしれません。

借りれない理由の1つとしては、金額が大きすぎることです。一般的には年収に対しての金額で決まるわけですが、年収の半分以上を借りれる事はまずできません。最近はその人の年収の3分の2すら借り入れることすらできないケースがほとんどになります。金融機関としても、さすがに年収の半分以上のお金を貸すのはリスクと考えており、もしそこで債務整理などをされた場合には、もはや不良債権となってしまいますので気をつけなければいけないところです。それ故、収入による制限を設けていると言って良いでしょう。

もう一つは、ブラックリストに名前が掲載されている場合です。ブラックリストと言うリストが実際あるわけではありませんが、そこに名前が掲載されている人がいたとすれば、その人はどの金融機関からも基本的にはお金を借り入れることができない仕組みになっています。

日本には、信用情報機構と呼ばれるところがあり、日本信用情報機構もその一つになります。JICCと言う名前になっていることもありますが、いずれにしても同じ会社であることは間違いありません。ここには、過去の債務整理の情報などが掲載されています。いちどでも債務整理をすると、このような情報信用機関に名前が掲載されることになるわけです。

そして名前が掲載されている場合、金融機関としてはこのような情報信用会社にその人の履歴を求めますが、もしそこに名前が掲載されていたとすれば、少なくとも過去5年以内に債務整理をしたことがわかるわけです。これはどの金融機関からのアプローチすることができるため、特定の銀行や消費者金融ならばお金を借りれることができるけども、他の所から借り入れることができないと言うことがなくなります。

ただ中には例外があり、金融機関の中でも金利を結構高くして過去の情報を見ないで審査するようなところもありますが、ごく少数だと言えるでしょう。

指定信用情報機関のCICとは?

消費者金融などは、最近お金を借りやすくしています。まず昔のサラ金といった悪いイメージを払拭するために、名前を変えることに成功しました。60代以上の人は、そのような会社のことをいまだにサラ金と言うかもしれませんが、お金を借り入れるメインの世代である20代から40代位の人は、サラ金と言う人はかなり減少しています。20代に関しては、そのような言葉が存在することすら知らないのかもしれません。30代から50代でも、その言葉自体が徐々に薄れてきており、消費者金融と言うのが当たり前になりました。

消費者金融からお金を借りれる場合には、いくつかの条件があり審査に通らないといけません。例えば、過去に債務整理などをした場合にはお金を借りれることがかなり難しくなります。クレジットカード等でたくさん買い物をしたけども、カードのお金を返済することができない場合には、ブラックリストに掲載されることがあるわけです。基本的に、3ヶ月連続で滞納した場合にはブラックリストに名前が掲載されると言っているでしょう。

このブラックリストと言うものは、実際に黒い紙があるわけではなく単にその人の履歴が掲載されているに過ぎません。すべての人の履歴が掲載されているわけではなく、過去にお金を借りたりあるいはクレジットカードを利用して買い物をしたけども、お金を返済することができなくなった人つまり3ヶ月以上平気で対応してしまった人がそのようなリストに名前が掲載される仕組みになります。

どこに掲載するかと言えば、情報信用機関と呼ばれるところになりますが、日本にはいくつかの情報信用機関と呼ばれるところがあるわけです。そのうちの1つが、指定信用情報機関のCICになるでしょう。そこに名前が掲載されている場合、基本的に消費者金融あるいは銀行はお金を貸し出す事はまずありません。そしてすべての金融機関は、指定信用情報機関のCICにアクセスすることができますので、もしこれからお金を借りようとする人がそこのリストに名前が掲載されているとすれば、借りれないと考えて間違いないです。

この情報の掲載はいつまで続くのかは、明確ではないものの最低で5年以上は掲載されると言われています。ただ債務整理の中でも自己破産の場合は1番債権者にとって被害が大きいため、最低でも7年から10年以上は掲載されることになりますので、注意が必要なところです。1回滞納した位では、このリストに名前が掲載される事は無いため、あり気にする事はないです。

全国銀行個人信用情報センターKSCとは?

ブラックリスト入りすると、お金を借りれない状態になるといますが、そもそもブラックリストとはどのようなものであるのかご存知でしょうか。お金を借りるときには、必ず申し込みを行った人の信用調査が行われることになるのですが、この信用調査の中で活用されるのが個人信用情報機関が管理を行っている個人情報です。個人情報には、過去の借金についての詳細が記されているのが特徴で、直近での申し込みなどの記録もあります。

短期間に数社への申し込みを行っていることが分かると、お金を貸す側はお金にかなり困っている申し込み者などの判断が行われるので審査が通らないこともあり、これを申込ブラックと呼んでいます。そのため、申し込みを行う場合は頻度を少なくすることと間隔をあけるなどが重要です。個人信用情報には、借金をしたときの返済における頻度も記録が行われていて、遅延などにより返済が遅れると記録が行われますし延滞で債務整理をしたなどの場合も同じです。

ブラックリストは、金融の中での事故そのものを指すもので過去の借金で遅延や延滞、そして債務整理などをするとブラックリスト入りになるわけです。今まで一度もお金を借りたことがない人は、このような記録がないので年収に見合う金額なら銀行ローンを活用することが可能です。

銀行ローンの場合は、全国銀行個人信用情報センターKSCと呼ぶ信用情報機関が管理している個人信用情報が審査の際に活用されるのですが、この情報機関は千代田区丸の内に本社を置いている一般社団法人の一つで全国の銀行や信用金庫などの金融機関が加盟登録を行っているのが特徴です。また、日本の中には全国銀行個人信用情報センターKSC以外にも、消費者金融など貸金業者が加盟登録を行っているCICや信販会社およびクレジットカード会社などが加盟登録を行っているJICCなど3つの機関があるのが特徴で、それぞれの業種ごとに信用情報が分かれているのが特徴です。

なお、銀行ローンでお金を借りれないとき、信用情報に問題があるけれども過去の借金で遅延などブラックリスト入りするようなことをしていないけれども審査に落ちてしまうこともあります。銀行の保証者会社が消費者金融になっているときなど、消費者金融の借金で遅延や延滞などを行っている場合は銀行ローンへの影響もあるので注意が必要です。特に、銀行の信用保証業務が貸金業者でCICが管理している個人信用情報に記録がある場合は審査落ちする可能性が高くなります。

本当に本当にお金がどこからも借りれない どうしよう!どこからも借りれない!

そんな方へ朗報です!ブラックでも借りれる安心・ソフト闇金アミリー即日融資へお越しくださり誠にありがとうございます!当店では主に消費者金融や銀行などで借り入れが出来なかった方へ融資を行っておりますので金利が高いですしソフト闇金という形態で営業しております。その辺を十分にご理解の上でお申し込みください。

自己破産、債務整理中でもOK!

現時点でどこからも借り入れができないという方、条件は20歳以上で半年以上お勤めであれば融資可能です!ただし在籍が取れる方を優遇しております。自営業の方は同等の証明ができる請求書や納税申告の写し、口座の写し等をご準備ください。

自己破産とは

クレジットカードのキャッシング・リボ払いやカードローンで借り入れを繰り返していたら多重債務地獄に陥ってしまった、自宅に何通もの督促状が届いたり自宅や職場に電話がかかってきたりなどの取り立て行為に恐怖を感じ逃げ出したくなる、返済はしているけど利息が高すぎて元本がなかなか減らないなどの悩みがあり、借金が雪だるま式に膨らんでいき自力での返済が困難だなと感じている方は多いのではないでしょうか。そんな方のためにあるのが債務整理です。

払い過ぎた利息を取り戻す過払い金請求や借金を大幅に減額させる任意整理や返済計画を立て直す個人再生など、債務整理にはいくつかの種類がありますが、その中でも最も重い手続きで最終手段的な位置づけなのが自己破産です。自己破産とは、裁判所に申し立てをして免責許可がなされると借金がゼロになるという法的措置です。

返済義務が無くなり借金が全額免除されるという大きなメリットがある反面、それなりのデメリット・リスクも伴います。申し立てから免責許可までの期間は就ける職業が制限されますし、不動産や車などの財産は全て没収されて手元には何も残りません。金融機関のブラックリストに登録されて新たにローンを組んだりすることは出来なくなり、国が発行している機関紙の官報に氏名と自宅住所が掲載され、家族や親戚や友人や職場の人に自分が自己破産者であるということがバレてしまう可能性もあります。

日常生活においてありとあらゆる不便や苦痛や不都合や悩みがつきまとい、周りの人たちに迷惑をかけてしまうという問題とも隣り合わせです。借金がゼロになり人生を再スタートさせることが出来るチャンスでもありますが、同時に辛い人生の始まりとなる可能性もありますので、やらないに越したことはありません。過払い金請求や任意整理など、比較的ライトな債務整理で賄えるうちに対処しておくのが理想的です。借金問題に悩んでいる場合は、早めに弁護士に相談してアドバイスをもらいましょう。

自治体の窓口や弁護士会や法律相談会など無料の相談窓口を利用しても良いですし、自分で法律事務所を探すという方法もあります。相談して自己破産の手続きを開始することになったら、弁護士と良好な関係性を築くための努力が必要です。免責許可の決定が出るまでには数か月程度かかりますので、弁護士とは意外と長いお付き合いとなります。通帳や領収書やレシートや住民票や所得証明書や戸籍謄本や車検証や保険証など、手続きに必要な書類は速やかに提出しましょう。

初回は10万円まで月1払いも対応可

初回では10万円まで対応可能です!初めてでも月1払いは可能ですが、利息のジャンプが必要なのであまりお勧めできません。リピートでのご利用で信頼できるようになれば正規の月1払いで融資致します。

正直に言って頂ければ柔軟に対応いたします。

もし返済が遅れるようなことがございましたら正直にその旨をご連絡ください。そうすれば職場や緊急連絡先への確認を連絡を行う事はまずありません。しかし悪意があって返済する気が無くお約束を守れない方に関しましてはご連絡致しますので何卒ご理解願います。本当に悩んだら担当者へご一報ください。柔軟に対応いたしますので。

嘘偽りのお申し込みはご遠慮ください!

お客様の情報を元に確認作業を行います。主に収入の証明ができるか?現在も継続してお勤めであるのか?ここは重要です。もし少しでもおかしな点や矛盾点などああり、虚偽の申請だった場合は今後当店をご利用することができませんので、予めご了承くださいませ!

月1払い対応もできます!

初回でのお取引では7日間か10日間となりますが、今後複数回ご利用いただくことで信頼できる方と当店スタッフが判断した場合、月払い対応や利息の見直しを行い更に条件が良い融資が可能になります。同じ店舗をご利用いただくことでお客様にとって非常にメリットがありますので是非ご利用くださいませ。

ソフト闇金アミリーだとスーパーブラックでも借りれる事が可能です!

過去に融事故を起こしてしまい、大手消費者金融、街金などでも審査が通らない方へ融資しております。最後の手段という状況の方是非お申込みくださいませ!

ブラックでも融資を受けられるのはソフト闇金のみですよ

何度でも言いますが、これは真実です。他の消費者金融や街金では絶対に通りません!まず、消費者金融も街金も全て審査ベースは同じだという事です。これはJICCやCICなどの金融情報機関にかならず照会を取りますので、金融事故を起こしてしまった方や過去に自己破産をした方は100%審査に落ちます!ではなぜブラックでも審査が通るというサイトが多いのかですが、アフィリエイトサイトなんです。アフィリなので数打てば当たるという作戦です。

どんなに勧誘サイトでブラックOK!だと煽っても大手消費者金融や中小ローカル街金では絶対に審査は通りません!

しかしどんなにブラックOK!だと煽っても消費者金融やローカル街金では絶対に審査は否決されます。試しに申し込んでみたら良いですよ。時間の無駄になります。因みにブラックでも通ると煽られている街金での審査通過率は1%未満ですよ!これは業界関係者からの情報提供なので間違いありません!

夜職(水商売)風俗業(風俗嬢)の方へも融資可能です!

大手消費者金融や街金では借り入れが厳しいとされる夜職(水商売)風俗業(風俗嬢)の方へも融資は可能です!是非当店をご利用くださいませ!女性の方でも安心してご利用いただける環境でございます。

融資の条件

ソフト闇金アミリーの融資の条件は20歳以上で尚且つ半年以上お勤めである事です。

システムとお申し込みにつきましてはこちら!

金融ブラックだと100%審査が通らない消費者金融リスト

大手消費者金融

プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット
レイクALSA.

街金

セントラル
フクホー
ダイレクトワン
フタバ
アロー

地方の消費者金融

中央リテール
ユーファイナンス
キャレント
ご融資どっとこむ
田中商事
キャッシングエニー
オージェイ
プランネル
マイフィナンシア
ティー・アンド・エス
ミリオンインベストメント

アイジ
(北海道)

グットファイナンス
(北海道)
ほくせん
(北海道)
CURAPO
(北海道、茨城)
平和興産
(北海道)
日専連ホールディングス(青森県)

エンゼルエンタープライス
(山形県)
イワ
(神奈川県)
エース
(神奈川県)
関東信販
(埼玉県)
アークファイナンス
(栃木県)
サンワフィナンシャル
(栃木県)
Albaクレジット
(群馬県)
筑波リース
(千葉県)
ライオンズリース
(愛知県)
アクアファイナンス
(新潟県)
北陸商事
(富山県)
三県商事
(富山県)
アイ信販
(長野県)
グリーンライフ
(岐阜県)
エレガンス
(静岡県)
大国屋
(愛知県)
消費者金融
ニチデン
(大阪府)
ハローハッピー
(大阪府)
アルコシステム
(兵庫県)
アルク
(大阪府)
プラン
(大阪府)
スペース
(大阪府)
AZ
(京都府)
プログレス
(大阪府)
スピリッツキャッシング
(大阪府)
オリーヴファイナンス
(大阪府)
こくしん
(京都府)
ローンズマルキ
(和歌山県)
いつも
(高知県)
日本ファイナンス
(山口県)
アンサー
(山口県)
エヌケーシー
(鳥取県)

山陰信販
(鳥取県)
プラス
(広島県)
アスト
(愛媛県)
アイクレジット
(高知県)
プライ
(香川県)
スカイオフィス
(福岡県)
ミツキ
(福岡県)
アムザ
(福岡県)
エクセル
(福岡県)
しんわ
(福岡県)
ショーエイ
(福岡県)
エフワン
(福岡県)
アイアム
(長崎県)
ソフトファイナンス
キャッスル
(熊本県)
レンツ
(大分県)
キャネット
(鹿児島県)
OCS(オークス)
(沖縄県)
オールスター
(沖縄県)

まとめ

・ブラックでも借りれる消費者金融という勧誘サイトは全くの嘘!

・自社ブラックの場合は該当する消費者金融やクレジットカード会社の負債を完済しないと永久的に利用不可

・7年で消えると言われているが、自社ブラックの場合事故情報はずっとその会社にデータは残る

・ブラックで借りれるのは闇金のみ